鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

身体だるくないですか?

みなさん

こんにちは。

 

前回は、湿気によって身体がだるくなる理由と

それに対応したツボをお伝えしました。

 

今回も引き続き身体のだるさについて

お伝えしていきたいと思います。

 

前回は、湿気という外の環境が原因でした。

 

最近は、新型コロナウイルスで

日常的に様々なことに悩みや不安・恐怖を感じていると思います。

 

東洋医学では、「思い悩む」や「不安・恐怖」という感情も

臓器を悪くすると考えます。

 

「思い悩む」は「胃」を、「不安・恐怖」は「腎」を

弱らせてしまいます。

 

「胃」が弱まると、体の栄養状態が悪くなりダルさが出てきます。

 

「腎」とは、副腎も含めた腎臓の働きを表します。これが弱まると

、ストレスに対して弱くなるため身体がだるくなります。

 

東洋医学では、「腎」は「元気を貯めておくところ」なので、

文字通り「腎」が弱まると「元気」が無くなります。

そうなると、身体がだるくなります。

 

この「腎」は、東洋医学の中でも特に重要な臓器なので

これを整えるツボをお伝えしたいと思います。

「照海」「復溜」

 

これらを、20秒を3回ツボ押ししてください。

 

 

「腎」の経絡は深いところにあるといわれるので

強めに押してください。

 

あと、「腎」は冷えにも弱いのでせんねん灸などで

温めて良いと思います。

 

「腎」をツボ押しで強化して、

コロナストレスに打ち勝ちましょう!!