鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

眼精疲労の原因と対策

どうして起こるのか?

眼精疲労とは、目の使い過ぎによって、目だけでなく全身に疲れを感じる状態を言います。パソコンやスマートフォン、テレビなどの画面を長時間見たり、メガネやコンタクトレンズによる目の負担、精神的なストレスが原因になっていることがあります。

 

眼精疲労の主な症状

眼精疲労とは、目の疲れなどの症状だけでなく身体全体の症状も含めたものを表します。その主な症状としては、目の疲れ、視界がぼやける、目のかすみ、目の充血、目の痛み、目(まぶた)が重い、目がショボショボする、まぶしい、不意に涙が出る、などの目の症状と、肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、寝ても疲れが取れない、などの身体の症状があります。

 

目の構造

目は、医学的には眼球と言われ外界の映像を脳に伝える感覚器です。眼球の構造は、カメラで表すなら、角膜と水晶体は「光学レンズ」で、角膜と水晶体の間にあって目に入る光を調整する役割がある虹彩が「絞り」、水晶体についている筋肉である毛様体筋は水晶体の厚みを調節して映像を鮮明にする「ピント調節」の役割があり、眼球の奥にある網膜は「フィルム」の役割をしています。

眼球は、自動で毛様体筋で水晶体を調節して鮮明にした映像を網膜に映します。網膜に映った映像は、視神経という神経を通じて脳に伝達されます。

また、眼球以外ではまぶたにも重要な役割があります。まぶたには、涙腺からの排出管が出ており、まばたきするたびに涙が出る仕組みになっています。さらに、まぶたの裏には結膜という薄い膜がありゴミなどが目も奥に入ることを防いでいます。涙は、角膜や結膜が乾かないように水分を補給したり、傷ついたときに修復するための栄養補給をする役割があります。

これらの機能がしっかり噛み合って「見る」ことが出来るようになります。

 

眼精疲労の原因は、目の異常、目を使う環境、身体の異常

眼精疲労の原因は一つに特定できるものではなく、様々な要因が重なって起こると言われていますが、大きく分けて、目自体の異常、目を使う環境、身体の異常の3つが挙げられます。

目自体の異常

目の異常といえば、視力の低下が真っ先に挙げられると思います。遠視、近視、乱視、老眼がメガネやコンタクトレンズで適正に矯正されていないと、目が無理にピントを合わせようとして毛様体筋に負担がかかり目が疲れた状態になります。次には、多くの現代人が抱え込んでいる症状であるドライアイです。ドライアイは、まばたきの時などに分泌される涙の量が少なくなったり、涙の流れが悪くなったりして角膜や結膜が乾いて傷ついたりする慢性疾患です。これは、角膜が傷つくため視力の低下がおこり、さらに常に目の不快感を感じるため、慢性的な疲労を感じやすくなります。

 

目を使う環境

この数十年のうちに、人を取り巻く仕事環境は激変しました。手書きだった書類がパソコンで作成するようになり、資料のやり取りが紙から電子化されてパソコンの画面を見る時間が増えました。こうなると、同じ姿勢が続くことになるので首・肩周辺の筋肉が緊張状態になります。筋肉の緊張状態が続くと血行不良を起こすため首・肩・目が栄養されず、疲労が回復しない状態になってしまいます。さらに、同じ画面を見続けるために、画面の光の刺激と目の毛様体筋が固まってしまうことによる視力低下で疲労感が増してしまいます。そして、この状況に拍車をかけたのがスマートフォンの登場です。これによって、目を画面から離す時間がほぼ無くなりました。

 

身体の異常

様々なストレスがかかる現代社会において、現代人には常に何かしらの不調を抱えています。このような状態は様々な場面におけるその人の抵抗力を低下させてしまいます。過度の身体的ストレスは筋肉の回復力を奪い、疲労を蓄積させてしまいます。疲労が蓄積した筋肉は、柔軟性を無くして硬くなりコリや寝ても疲れが取れない慢性疲労を招きます。精神的ストレスは、自律神経に影響を及ぼし、まばたきの回数や涙の量を減らしてしまい目の疲労や損傷を進ませることになります。緑内障、白内障などの目の疾患、脳神経疾患、高血圧、糖尿病、自律神経失調症、婦人科疾患を持病としてお持ちの方々は、現在眼精疲労の症状が無くても持病の症状に伴って発症する可能性がありますので要注意です。

 

その対策は?

まずは、症状が重かったり長引いたりしている場合は、緑内障や脳神経疾患などの可能性があるため早めに病院を受診してください。

そこまで重篤ではない、また病院受診したが緑内障などの疾患はなかった場合は、積極的にセルフケアをして目の疲れを取る、作業環境を見直し身体の負担にならない姿勢を保つようにしてください。目のセルフケアで有効な方法としては、目のはたらきに欠かせない栄養素を摂る、目の周りの筋肉をほぐす、蒸しタオルのようなもので目を温めるなどがあります。

目に良い栄養素ですが、ビタミンBとビタミンEです。ビタミンBは目の粘膜や末梢神経を正常に保ち、ビタミンEは神経を保護し、血行を促進して疲労回復を促します。これらの栄養素を多く含む食材は、ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2は豚レバー、ビタミンB6は鶏むね肉、ビタミンB12は牛レバー、ビタミンEはモロヘイヤなどです。

目の周りをほぐすツボとしては、下の図に表しているところを1か所10秒を3回くらい押してください。

新型コロナウイルスの影響で、テレワークを導入が進んでいます。通勤時間が無くなり時間が有効に使えるようになった反面、自宅から出る機会が減って運動不足が深刻になっていると思います。テレワークになって原因不明の疲れが増したという方も当院でも増えてきています。新型コロナウイルスが終息してもテレワーク導入の流れは加速していくと思いますので、自宅での過ごし方、いわゆるワークライフバランスを見直されてはいかかでしょうか?これが、一番の予防になると思います。