鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

#ほうれい線 を薄くする #運動

当院では、美容鍼灸を提供しています。

様々なお悩みをお伺いするのですが、その中でも多いのが「ほうれい線」です。

今回は、「ほうれい線」を薄くする、もしくは予防するための運動を掲載したいと思います。

 

 

「ほうれい線」とは、小鼻の部分から口元に掛けて伸びるシワのことです。

 

 

「ほうれい線」が出来るのは、ほうれい線付近のコラーゲンの減少・周辺の筋肉が硬くなるもしくは

弱くなることが原因といわれています。

 

 

今回は、顔の運動でほうれい線を薄くしていこうと言うことなので、コラーゲン減少への対策は割愛させて頂き

ほうれい線周辺の筋肉の運動を書きたいと思います。

 

 

ほうれい線に影響する筋肉は、大頬骨筋・小頬骨筋・上唇挙筋・口輪筋です。

大頬骨筋                      小頬骨筋

口輪筋                       上唇挙筋

 

これらの筋肉が弱まるもしくは硬くなると皮膚が余ってしまいタルミが発生します。

このタルミが、重力によって下がりシワになります。

 

筋肉が弱くなる・硬くなるのは、老化もありますが運動不足が原因の場合もあります。

 

逆を言えば、運動すればある程度シワを薄く出来るということですよね。

 

皆さん、お顔を良く動かして見た目年齢若くしていきましょう。

 

それでは、運動の仕方をお教えします。

 

まず。歯で下唇を軽くかみます。

 

この状態で、口の両端を上に持ち上げます。

 

ここで、大事なのは「唇の上の筋肉だけ」で持ち上げることです。

 

そして、持ち上げた状態を10秒間維持します。

 

これを、まずは1日3回を3セットします。

 

これが物足りなくなったら回数を増やしてもいいです。

 

これを毎日続けてください。2・3ヶ月には効果が表れてきます。

 

今回は、「ほうれい線」についてお話しました。

 

次回も、お顔のシワを薄くする運動を掲載します。お楽しみに!!