鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

プロフィール

はじめまして、鍼灸やわらぎ菴 院長 中武揚理です。

中武揚理

私が治療家を目指した理由

 やわらぎ菴に興味を持っていただき、ありがとうございます。
おそらく、あなたは「どのような治療するのか」、「治療はどんな人がするのか?」という不安があると思います。
少しでも、その不安を払拭し安心して来院して頂きたいと思いプロフィールを書きました。

 私が治療家を目指すようになった大きなきっかけは、「自分自身の腰痛」でした。
私が腰痛になったのは、中学2年の部活中のことです。
当時、バレーボール部に所属していた私は、練習中トスを上げようとした瞬間、突然、激痛が腰に走り、立っていられなくなりました。歩くこともままならない状態でした。
 翌日、病院に行き検査してもらいましたが、原因不明。まともな治療も無く、痛み止めの薬と湿布が出されたのみでした。
その後も腰痛が治ることは無く、部活も休みがちなったので試合に出ることもなく不完全燃焼で中学を卒業しました。

 高校入学後も、腰痛が続きました。日常生活は送れるようになったのですが、走ることが出来ませんでした。結局、運動部に入ることなく高校三年間を過ごしました。楽しいはずの高校生活がなんとなく終わり、「腰痛さえなければ・・・」とすごく悔しい思いをしました。

 このような経験から、私は身体の不調・痛みで貴重な時間を無駄にする人を少なくしたいと思うようになりました。
そんな思いが募る中、祖母の付き添いで鍼灸院に行く機会がありました。私の祖母は重い膝痛を抱えており毎日の歩くのが辛そうでした。ところが、鍼灸院での治療後、いつもとは真逆の姿、にこやかに颯爽と歩く祖母が現れたのです。これには私も衝撃を受けました。と同時に、「鍼灸師が私の目指すものだ!」と思いました

 これが私が治療家という方向を目指し、鍼灸師になった理由です。

長野式治療を始めたきっかけは?

 私自身、腰痛に対する色々な治療法を体験してきました。しかし、どれも腰だけしか治療せず、良くなることはありませんでした。

 どの治療法も似たようなものだと思い始め、鍼灸師としての自分に自信がなくなりかけた時でした。何か変えなければと思い、長野式治療の勉強会に参加しました。

 ここでは、今まで受けてきた治療とは根本的に考えが違っていました。長野式治療は、他の治療法と違い症状が出ている部分だけ治療するのではなく、身体をまるごと治療するという考えと、診断と治療がシステム化されており、患者様も結果を実感できる治療法になっています。
 私自身も実際に治療を受けてみて腰痛に変化を感じることが出来き感銘を受け、これがきっかけになり長野式治療を始めるようになりました。

生年月日 1979年1月1日生まれ
出身 宮崎県宮崎市出身
学歴 宮崎県立宮崎南高等学校 九州保健福祉大学総合医療専門学校
職歴 園田病院リハビリ室

水色のお家が目印

当院ではキッズルームも完備していします。

小さなお子様も大歓迎。キッズルームをご用意しています。

お子様向けのキッズルームをご用意しています。絵本・おもちゃ等が豊富にございますので、小さなお子様も飽きずにご来店いただけます。

お子様連れでのご来店を遠慮されてしまう方もいらっしゃるのですが、当院はそのようなお気づかいは不要です。何歳のお子様でもどうぞ御遠慮なくお連れ下さいませ。