鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

夏におこる肌老化の原因を徹底解説

みなさん、こんにちは!

最近、急に熱くなってきて湿気が増えて外に出るのがためらわれるようになってきましたね。

湿気が増えると体内に熱が籠るので熱中症対策を十分にとる必要があります。

あと、紫外線などお肌環境に悪影響を与えるものが増えてくるのでしっかりケアをして肌の老化に備えたいところですね。

今回は、夏に起こる肌老化の原因を解説し、その対策をお伝えしたいと思います。

 

肌の老化の最大の原因は?

 

不思議なことに、同い年でも、お肌の年齢は違ってきます。

肌の老化の原因には、自然老化光老化うるおい不足肌への強い刺激があると言われています。

「自然老化」とは、年齢とともに起こる老化です。

「光老化」とは、紫外線などの太陽光によって起こる老化。

「うるおい不足」とは、その名の通りお肌の水分不足。

「肌への強い刺激」は、洗顔などの時にお肌に力をかけてしまうことを言います。

この中でも、最も影響があるものが「光老化」といわれています。

 

肌の老化を防ぐためには?

肌の老化を防ぐためには、まず「光老化」対策です。

「光老化」の原因は、今まで紫外線が主だったのですが、 最近ではスマホのブルーライト、太陽光線の1つで近赤外線があると言われるようになっています。

 

光老化を防ぐには?

紫外線(UV:ultravioletの略)は、太陽光線の1つで3種類あり、それぞれA波、B波、C波と言われています。

A波は、地表に到達する紫外線の9割を占めています。A波は、3つの中で最も波長が長く、物質をと売り抜けやすくなっています。そのため、雲などの影響を受けにくく、さらに皮膚の深い部分にまで到達するので、皮膚を支える組織であるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えシワ・タルミを引き起こします。

 

B波は、地表に到達する紫外線の1割程度で少ないのですが、皮膚内にあるメラニンを産生するメラノサイトに作用してシミやソバカスの発生原因となります。さらに、B波は、波長が短いため肌表面の細胞やそのDNAに傷を負わせてしまい、ガンなどの発生リスクを増やすと言われています。

 

C波は、強い殺菌作用があり、皮膚がんを発せさせる可能性が一番高い紫外線と言われているのですが、オゾン層によって阻止されて地表に到達しません。しかし、環境破壊によってオゾン層が薄くなっていると言われており、少しずつですが到達している可能性があると言われています。

 

更に最近、スマホのブルーライトや太陽光の近赤外線が肌の老化に関係しているかもしれないと言われ始めています。

光には波長があるのですが、ブルーライトや近赤外線は波長が紫外線よりも長いので、皮膚の奥の筋膜にまで到達すると言われています。これらはまだ研究段階なので、お肌にどのような影響が出るかこれから分かってくると思います。

 

光老化対策として

紫外線を防ぐためには、日焼け止めクリームを塗るのが基本となります。SPF50+、 PA++++の日焼け止めでUVA、UVB両方防げるものを選んでください。選ぶ基準としては、成分表で酸化亜鉛」「酸化チタンの両方が載っているものが良いです。これらは、散乱剤といって紫外線を反射する作用があります。

顔全体に塗るときは、起床後、化粧水などで保湿をした後に日焼け止めを塗ると馴染んだ頃に外出できます。あと、紫外線は地面を反射してきますので、首や顎下にもしっかり塗ってください。

近赤外線対策としては、長袖、鍔の広い帽子などを着用し日陰を来ることを意識すると良いです。

ブルーライト対策は、曝露時間を減らすのが一番の対策になりますので、長時間スマホを使用しないことです。

 

うるおい不足を防ぐには?

肌がうるおいを無くし乾燥すると、バリア機能が低下し、表皮が直接晒されることが多くなります。すると、肌が様々な刺激を受け続けることになり、炎症が起きやすくなるためシミの原因になります。

さらに、うるおい不足で肌にハリが無くなるため小ジワが増えたり、たるみが増してしまうということが起こりやすくなります。

 

美容液や化粧水でしっかり保湿

洗顔後やお風呂上りなどに、美容液や化粧水でしっかり保湿が基本です。それでも乾燥が気になる方には、化粧水+乳液ではなく保湿美容液がおススメです。保湿美容液は、化粧水よりも保湿成分が多くふくまれ、さらに化粧水にはない油性成分が含まれているため、うるおいが長持ちします。

しかし、保湿美容液中の保湿成分はメーカーによって内容が異なりますので、セラミドという成分の配合量を基準にして選んでください。このセラミドという成分は、水分を蒸発させずにその場にキープする作用があります。

あと、忘れがちなのが首と手の甲の保湿です。意外と目立つところなので、シワが増えていると年齢が高くみられてしまいます。しっかりケアして若さをキープしましょう!!

 

肌への強い刺激を防ぐためには?

日ごろ、習慣になり無意識のうちにやってしまっている肌への強い刺激。これは、肌荒れ、たるみの原因になります。良くやりがちなのが、ゴシゴシと強めのタオル拭きや洗顔強い力でのメイク強めに美顔器を使う化粧水を浸透させるための顔叩きです。気づくと良くやっているので意識して避けるようにして下さい。

あと、現在、新型コロナウイルスのために常にマスクを着用していると思いますが、マスクもたるみやシワ・シミたるみの原因になります。

まず、頬の部分がマスクで擦れるのでお肌にとってはかなりの刺激になりシワ・シミの原因となります。更に、マスクをしたまましゃべるとマスクが落ちてきますよね。このように頬に下への力がかかるのでたるみ・ほうれい線の原因になってしまします。

 

肌へ強い刺激をいれないためには?

基本的には、強い力で肌を触らない、シャワーなどを顔に直接当てないことが重要です。マスクによるお顔へのダメージは、マスクを外した時はお顔のマッサージと擦れた部分は肌が荒れ気味なので水分が抜けやすくなるため保湿をこまめにすることが重要になります。

 

今回は肌の老化についてお伝えしました。このように、夏はお肌にとってつらい時期です。さらに今回は新型コロナウイルスでマスクもしていますので、さらに負担が増しています。夏のダメージ、マスクの負担を軽減するためにもケアをしっかりしていきましょう!!

もし、これらの方法でも改善が進まないときはハリウッドスタイル美容鍼灸®を扱う当院にお電話下さい。

0985-40-1715