鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

親指の痺れ

先日、「右手のひらが痺れて物をよく落とす」と訴える患者さんが来院なさいました。

 

#痺れ #手の痺れ #ストレートネック

 

 

30代女性

主訴:右手の痺れ

 

去年の第3子の出産後から、最初は親指の痺れだけだったのが徐々に右手のひらの痺れになった。今は親指の感覚も無く、時々親指に力が入らなくなり物を落とすようになった。

 

整形外科を受診。手に異常は無く、ストレートネックと診断された。特に治療は無く湿布のみの処方。

 

しかし、痺れの範囲が広がってきたことから不安になり来院。

 

 

治療は、ストレートネックが痺れを引き起こしていると考え、これを緩和することをメインに行っていきました。

 

まず、3人の子供のお世話で疲労されていると考えて全身的に治療を行いました。その後、問題の根幹である首周辺の筋肉の緊張を緩和する治療を行いました。

 

治療後に、フェイスタオルを使ったリハビリ方法をお教えしました。

 

1回目の治療後、右手のひらの痺れが軽減

2回目の治療後、痺れの範囲が右親指のみになった。

 

治療後の経過が良いとのことで、現在も治療中です。

 

この方は、治療だけでなく自宅でもリハビリを毎日されているということで、これが非常に良い結果を生んだのではないかと思います。