鍼灸やわらぎ菴

鍼灸やわらぎ菴

#紫外線 が #お肌 に悪いわけは

皆さん、紫外線の量が多くなってくるのでご用心を!!!

 

最近、天候不順で曇りの日が多く、各地で気温が上がりきらないなどで体調管理が難しいので十分にお気をつけください。

 

さらに、紫外線は曇など関係なく降り注ぐので対策も十分にしてくだいさい。

UVとは、Ultravioletの略で、光には波があり、その幅が紫色より狭いため「紫色の外側の光線」ということで紫外線という名前になっています。

 

われわれが普段見る色は、特定の光が反射して見える仕組みになっています。

 

色に反射する光のことを、可視光線といいますが、これは色によって波の長さが違います。

 

波が長いと赤色に近くなり、波が短いと紫色になります。

この紫外線と言うのは、目に見える紫色より短い波長の目に見えない光線になります。

 

紫外線には、UVA・UVB・UVCの三種類があります。それぞれの違いは、波長の長さです。

 

UVAは、一番波長が長く紫外線中の95%の割合を占めています。

 

このUVAは、天気が曇りでもまったく関係なく地上に到達します。

 

さらに、波長が長いために20~30%のUVAが、お肌の皮下組織まで到達します。

 

UVAは、コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸、それらを産生する線維芽細胞に損傷を与えてお肌のシミやシワなどの老化現象を引き起こしてしまいます。

 

5・6月がUVAが一番多い時期なので、曇りや雨の日でも日焼け止めや日傘を差してください。

 

この、UVAをいかに防ぐかでお肌の老化現象に差が出てきます。

 

UVBは、二番目に波長が長く紫外線中の5%の割合を占めます。

 

これは、曇りの日だったり、日傘を使うとある程度防げます。

 

サンバーンと言って皮膚が赤くなる現象を引き起こし、ヤケドを起した状態になります。

日焼け後のヒリヒリ感はこれが原因です。

 

UVCは、この中でもっとも波長が短く、地球のオゾン層と大気に吸収されて、地上に到達すること

 

はありません。

 

しかし、環境汚染の問題でオゾン層が薄くなったり、穴(オゾンホール)が出来たりして地上に降り

 

注ぐ日が来るかもしれません。

 

UVCは、紫外線の中ではもっとも危険で、短時間肌に当たっただけでも重度のヤケドを負うと言

 

われています。さらに、人間のDNAに作用し健康な細胞をがん細胞にしてしまうとも言われてい

 

ます。

 

これから、日差しが強くなってますます紫外線の量が増えてきます。

 

日焼けを最小限に抑え、お肌の老化現象を防ぐには、「なるべく日陰で過ごす」「日焼け止めを付ける」『日傘を使う}です。

 

人間、太陽光線に当たらないと、体内時計がリセットされず欝の原因になる、ビタミンDが作られ

 

ず骨粗しょう症になるなど言われていますが、手のひらに15分くらい太陽光を当てれば十分だ

 

そうです。

 

日焼け止めですが、SPFとPAという表示があります。これらは、防げる紫外線のことを表していま

 

す。

 

SPFは、Sun Protection Factorの略で、UVBへの効果を表しています。

 

商品には「SPF○○」と表記されていますが、これはUVBが肌に当りだしてから赤くなる(人によ

 

って差はあるが、15~30分くらいでなる)のを○○倍遅らせることが出来ると言う意味です。

 

例えば、SPF30であれば、短く見積もって15分の30倍の約7.5時間(15分×30=450分)遅ら

 

せることが出来ると言うことになります。

 

しかし、これは目安ですので、シミ・シワを防ぐためには数字が大きい商品をオススメします。

 

 

PAは、Protection Grade of UVAの略で、UVAへの効果を表しています。

 

商品には「PA+」と表記されています。+~++++の4段階で表されており、+の数が多さが

 

UVAに対する効果の高さを示します。